安全への取り組みお問い合わせ

<安全への取り組み 基本理念>

安全は最大の顧客満足とし、重大事故ゼロを目指します

  • 1輸送の安全確保が事業運営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たす。
  • 2現場における安全に関する声に耳を傾けると共に、全社員に輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底する。
  • 3運輸安全マネジメントシステムを活用し、継続的に改善し続ける。
  • 4輸送の安全に関する取り組み状況などの情報について公開する。

輸送時における安全に関する目標

  • 重大事故「0」件(自動車事故報告規則による)
  • 事故・災害「0」件
  • 酒気帯び・危険運転の撲滅

Gマークについて

安全認定 安全性有料事業所

全国貨物自動車運送適正化事業実施機関である公益社団法人全日本トラック協会は、トラック運送事業者の交通安全対策などへの事業所単位での取り組みを評価し、一定の基準をクリアした事業所を認定する貨物自動車運送事業安全性評価事業を実施しています。
この貨物自動車運送事業安全性評価事業は、利用者がより安全性の高い事業者を選びやすくするとともに、事業者全体の安全性の向上に対する意識を 高めるための環境整備を図るため、事業者の安全性を正当に評価し、認定し、公表する制度です。平成29年12月14日現在、安全性優良事業所は24,482事業所あり、これは全事業所数の28.9%にあたります。


pageTop